幹事が悩む景品

幹事と景品の悩み

景品選びは幹事の腕の見せ処

目玉

二次会景品

忘年会や結婚式の二次会の幹事になり、景品を用意することに
なった場合には、5点や10点など結構数を確保しなければ
ならないこともあるでしょう。

そうなるとそろえるのが大変になりますが、選び方の
コツを覚えておけば、結構スムーズに良い景品を
そろえることができ、幹事の役をしっかりと
果たせるものです。

選ぶコツ幹事になった時に覚えておくと良い選び方のコツが、
目玉の景品から選ぶというものです。

そうすれば、あとは金額を下げながら他の景品を
そろえていけば良くなります。

なお、50,000円から60,000円ぐらいの予算で
10点の景品を用意することになった場合には、
目玉となる景品が半分の額を占めるようだと
残りの9点を選ぶ時にバランスが悪くなってしまいがちです。

ですから、20,000円ぐらいの物を選ぶようにすると良いでしょう。

そうすれば、残りの金額で結構良い物を
9点そろえることができるものです。
日常的に使える

こういった景品のバランスのとり方がうまいと、
参加者に喜んでもらいやすくなりますから、
幹事としてしっかり貢献することができると言えるでしょう。

ちなみに、20,000円ぐらいの具体的なアイテムとしては、
テーマパークのペアのパスポートやクルージングの
ペア券などがあります。

目玉となる景品が決まったら、あとは、ずわいがにや
お茶漬けセット、ティーバックセットなど食べ物関係の物を
入れつつ、カークリーナーなどの実用的なアイテムを
入れるようにすると良いでしょう。


参加者の年齢層や性別のバランスによっては、こういった景品を
用意するのが非常に難しい場合もあります。


その時は景品専門サイトを利用することで、様々なジャンルの景品を
手軽に揃えられるのでお勧めです。