幹事が悩む景品

幹事と景品の悩み

景品選びは幹事の腕の見せ処

二次会景品

イベントの幹事になったときには、準備する景品にも悩むことが多いです。
進行などを考えるだけでなく、必ず事前に手配しなくてはいけませんので、
手違いがないように早めに考えておくべきです。

手配する

その景品の個数に関して悩んだときには、会計担当者に予算を今一度確認してみるといいです。

また、参加人数とゲームやカラオケなどの数を把握すると、考えやすくなります。


参加人数が多い場合には、景品の数も多めにします。

ゲームの内容が複雑で、勝者が少なくなるようであれば、優勝者だけに景品を渡しても
いいですが、参加人数が多すぎた場合には、数名に渡すことも念頭に置いた方がいいです。

 

予算と人数など総合的に見て、必要個数を算定することになりますが、一つ一つの金額が
高額である場合には、個数を減らすことも想定するといいです。

 

幹事になるとその責任感から、ひたすら一生懸命になることもありますが、
決められない時には、他の人に相談するといいです。

 

昨年度の幹事や、その他の幹事経験者に相談することで決めやすくなります。

イベントの参加賞を準備する場合は、小さなものであっても個々にいきわたるように
参加人数の詳細を理解し、若干多めに手配しておくことが必要です。

 

取引先の人など、特別な人が参加するときには、特別なものを手配すべき時も
ありますので、経験者や先輩などの意見を参考にするといいです。

参加人数


イベントの幹事は大変な責務と感じる人も多いですが、達成感もあります。
また、自分の今後の評価に繋がることもあります。


任せておけば安心だと思ってもらえる幹事になるためにも、
事前の情報収集から入念の行っておくと良いでしょう。